• 同行支援
  • 居場所
  • 職業体験

職業体験「職トレ」

「職トレ」とは

それまで慣れ親しんだ「学校」という仕組みから「社会」という新しいシステムへ移行していく際に、大きな戸惑いを感じてしまう若者が少なくありません。そこで、「働きながら働くことを学ぶ」をテーマに職業体験(職トレ)を実施しています。

つながりのある事業所さんや企業さんで、実際に働く体験をしながら、働くことのイメージをつくり、「現場で動ける自分」を確認し、徐々に就労に向けたステップをふんでいかれるようになっています。

「短期型職トレ」と「じっくり型職トレ」

「短期型職トレ」は、2-3日から1週間程度の短期間の職業体験です。仕事をすることに対して不安を抱いているような方が、「自分でも結構できる」ことを実感できます。

「じっくり型職トレ」は、数か月から半年程度かけるタイプの職業体験です。体験先の職場でいろんなことを教わったり面倒を見てもらったりしながら時間をかけて体験することで、社員と同じような仕事をやって行けるか、また職場の環境になじめるか、などをみることができます。

職業体験「職トレ」

中間的就労の場の創設と受け入れ

若者同士が協力し助け合いながら、一緒に学び合い共に働く場を創っていく。そうした場作りを始めています。

職業体験「職トレ」