我が国は世界で最も美しい国の一つであり、素晴らしい文化と歴史がありますが、そんな日本にも欠点がいくつかあります。その中の一つは、ギャンブルに対する厳しい法律です。カジノでのギャンブルや賭博は今も非合法で、いくつかのゲームとくじのみ許可されています。日本政府は非常に保守的で、国内でのビデオゲームの時間を制限したり、守らなければならない厳しい決まりをたくさん制定したりしています。

ここ2、3年で、iGamingの人気が非常に出てきました。オンラインギャンブルが成功した理由の一つは、もちろん新型コロナウイルス感染症の大流行でしょう。感染防止のために実店舗が閉鎖された結果、オンラインがギャンブルをする唯一の方法になり、利用する他なかったからです。

そんな今の時期に、iGamingビジネスを始めようとしているなら、どんなライセンスを取得し、どんな税金を納めなければならないか、まず確認しましょう。ここ日本で必要なライセンスを得るのは非常に困難です。賭博はヤクザと何らかの関係があると考えられているので、もし賭博を合法にしたらヤクザも合法化されるのではないかと恐れられています。

もちろんこの考えは間違っていますが、長年にわたってこの恐怖に陥っている人がいるのは事実です。一度間違いを犯すと後戻りはできないので、国内の法律をよく理解するようにしましょう。大きな過ちをすれば刑務所行きも免れないので、十分気をつける必要があります。

日本がオンラインギャンブルに適さないもう一つの理由は、非常に高い税金です。今後法律が変わる可能性もありますが、現時点では国に高額な税金を払い続けなければなりません。ギャンブルは人々の幸福度が要であり、人々が幸せで安全な環境にいれば、大きな収入が期待できます。がしかし、人々が懐疑的な場合はどうでしょうか?ギャンブルをやめる、または賭け金を低く抑えるようになるでしょう。オンラインカジノの収入は全て、プレイヤーの賭け金なので、大金を賭けるプレイヤーを持つことが必要になります。お金に関して政府は何も助けてくれませんので、自分自身で対処しなければなりません。

筆者個人的には、賭博に関して日本がいつか変わることを願っています。先進国である日本はもっと自由であるべきで、ギャンブルは自由の一つの形態なのですから。日本が変わる日が来るまでは、海外のオンラインカジノに登録しプレイすることをおすすめします。